« 2011年10月 | トップページ

2011年12月

2011年12月21日 (水)

ケープタウンサーフィン

Sdsc_6060

今回滞在していたケープタウンはアフリカらしかぬ場所。
町並みはまさにヨーロッパのよう。
通り沿いにはあちこちにセキュリティーの人達。
それが治安の悪さを物語ってはいるが、そのおかげで昼間はもちろん夜間でも外を出歩けていた。
ワインもヨーロッパ並みに安くて美味。
町行く人達もみなおしゃれ。
通りにある店などもおしゃれで、サーフショップも何軒かある。


Sdsc_5169


南アフリカのサーフポイントと言えばダーバンやジェフリーズベイが有名だが、ナミビアでサーフィンがしたかったため、そして混雑や波の取り合いが嫌だったため今回はあえてケープタウン周辺に的を絞った。シャークアタックの被害がまだ少ないということも一因ではある。
世界的に有名なポイントがあるわけではないが、車で一時間の範囲内には何十というサーフポイントがある。
ビーチブレイク、ポイントブレイク、そして海藻。
ポイントでの駐車場にも困らず、今回訪れたポイントには全箇所セキュリティーマンがおり、水シャワーの設備まで。
ローカルサーファーもみなフレンドリー。
今回メインに訪れていたのはロングビーチポイント。
ダウンタウンから車で40分程の場所だが、この辺りのメインポイントというだけあり乗りやすくいい波が割れている。休日はさすがに混雑するようだが、平日の混雑はない。
今年の南アフリカジュニアチャンピオンはそこをホームポイントとする少年だ。
そしてケープタウン周辺で見かけたサーファー達は白人ばかりだがその少年は黒人だった。
Sdsc_6057


Sdsc_6183


Sdsc_6190


Sdsc_6210


Sdsc_6234


Simg_9682


Sdsc_6080

近代化されたケープタウンだが、サーファーだけにとどまらず町のあちこちでは白人と黒人の割合の比率を感じる。
いい車に乗っているのは白人で一昔前の古い車に乗っているのは黒人。
ローカル乗り合いバスを利用しているのはほぼ黒人。
スーパー、ファーストフード店、ガソリンスタンド、工事現場、タクシー運転手、セキュリティー関係で働いているのはほぼ黒人が割合を占めている。
白人が働いている姿をあまり見かけず。高級レストランやバー、個人経営の小さな店舗などで働いているのを見かける程度。後は買い物をしているか、車に乗っているか、サーフィンをしている白人しか見かけなかった。

南アフリカに暮らす白人の割合自体が少ないといっても・・・
それでも何か・・・
違和感がある・・・

南アフリカのどの町に行っても、白人が住んでいるのは街中の立派な家。黒人は町外れのバラック小屋。
前回のワールドカップでヨハネスブルグ周辺のいくつかの黒人街は世界からごまかすように新しくなったようだが・・・

まだまだアパルトヘイトの名残は残っているように思われた。

Sdsc_5151


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

早くに行くか、遅くに行くか、

Sdsc_5393

Sdsc_5345

Sdsc_5508

Sdsc_5610

Sdsc_5633

Sdsc_5638

Sdsc_5694

Sdsc_5672_2

ナミビアの首都ウィンドフックで出会ったカップルと共に、5泊6日のナミビア観光を計画した。

エトーシャ国立公園では観光地化されたおかげで、簡単に間近で動物を見ることができ、公園内の滞在先も快適
で、大自然の中にある人間のための小さなシェルターのよう。
ヒンバ族の村でも多くの観光客が訪れることにより、交通路もよくなり快適に滞在できつつあった。
そしてヒンバ族の人達ともに容易に接することができる。
観光地化が進んでいくと、誰もが気軽に簡単にその場にいける。

しかしその一方、その場所の本質その物は失われていくのかもしれない。

観光客に慣れたヒンバ族の人達。
僕の思い描いていたヒンバ族という人達には出会えなかった気がする。


ヒンバ族を知るのには遅すぎたかな。


Sdsc_5982

Sdsc_6012


Sdsc_5733


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

ロンリードライブ

Sdsc_5196

ipodを車のシガーソケットへつなぎ、奥田民生のイージューライダーを選曲し歌う。
そうでもしなければ眠ってしまいそうになるぐらい長い直線。
南アフリカに到着後、サーフボードを購入しレンタカーでナミビアを目指した。

Sdsc_5601


緩やかなアップダウンはあるもののどこまでも続く一本道。
丘の頂上へ辿り着けば、また次の何十キロという新たな道が姿を現す。
アフリカの大自然に感動していたのは始めだけ。
しばらくもすれば感動が吐き気に変わる・・・あぁーまた直線・・・
走って、走って、走って、ガソリンを補給しそして走る。

Sdsc_5945


夕方になれば太陽が地平線に沈み、その景色に見とれていたのも束の間、次第に暗闇が広がってくる。
道路に街灯はなく、車を見る回数も5分に1度見る程度。
全く知らない土地での夜は孤独感がふくらむ。
そんな孤独感を紛らわせてくれたのは頭上に広がる満天の星空。
星空をよそ見しながら車を走らせ次の町を目指す。
次の町の明かりが見えた時の安堵感。
そして寝床を探す。

Sdsc_6041


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ