« 海から見た、ケシキ。プーケット | トップページ | 空飛ぶ絨毯 episode2 »

2011年7月 8日 (金)

空飛ぶ絨毯

Sdsc_1577

「もしも、本当に親切ないい人だったら・・」
他人のことを思う気持ち。他人のことを美化したい気持ち。自分のことを美化したい気持ち。これらが仇となる時がある・・・特に異国の地、海外では・・・

イスタンブールの旧市街の絨毯屋はネットやガイドブックなどではあまり評判がよくない。信用が置ける店とそうではない店があるからだ。もし悪い人に捕まれば、あれよあれよと言ってる間に高額商品(しかも偽物)を買わされてしまう例がある。近頃は長期にわたって信用を得てから買わせるといった、手の込んだ作戦でくる場合もあるらしい。「相手はプロだ」などとも書かれている。そうまで言われれば否応なしにも警戒してしまうものだ。

イスタンブールに着いたその日、僕はある絨毯屋と知り合った。

Sdsc_1429


初めての土地での宿探しというものは、右も左もわからないので苦労する。そんな時、意外と助けになるのが話しかけてくる観光客相手の商売人。イスタンブールの旧市街に着いた時にもさっそく話しかけられた。
ちょうど迷っていたので道を尋ねてみたがダメだった。ネットで調べてあげると言ってきてくれたが、面倒なことになりそうとその親切を断り、そそくさと彼の前から立ち去った。
地元の人の協力によりどうにか宿を見つけだし、休憩後周辺散策に出かけ、再び「ネットで」と言ってくれた男性に出会った。彼は「自分の店はギャラリーだから見にきて」と言ってきた。
絨毯屋ではなくギャラリー・・・
少し興味がでてきてしまった・・・騙されるとしたら、どんな風に騙されるのか。どんな風に売りつけてくるのか。宿が見つかった心の余裕と少しの興味で、僕はそのギャラリーに入っていったのだ・・・


Simg_1073

つづく

|

« 海から見た、ケシキ。プーケット | トップページ | 空飛ぶ絨毯 episode2 »

コメント

え!?続く?w
りゅうちゃん文章うまいねえ。
毎回引き込まれてしまうわw
続き待ってます。

投稿: kingeveryday | 2011年7月 8日 (金) 21時42分

うん、続くです^^

投稿: Ryusuke | 2011年7月 9日 (土) 03時49分

インドの話、思い出すわ 笑

投稿: KEITA | 2011年7月 9日 (土) 20時09分

チャレンジャーやなぁ。

おれやったら絶対ついていかへん。

続き気になるぅうう〜〜〜

投稿: ホピョン | 2011年7月10日 (日) 11時32分

つづきみてぇ~

投稿: しんや | 2011年7月11日 (月) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487953/40707518

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ絨毯:

« 海から見た、ケシキ。プーケット | トップページ | 空飛ぶ絨毯 episode2 »