« 空飛ぶ絨毯 episode3 | トップページ | Kapadokya(カッパドキア) in Turkey »

2011年7月23日 (土)

空飛ぶ絨毯 episode4

決戦の日。
約束した時刻に店に行くと、すでに店の前には昨日一緒にジムに行った男がいた。男の名前はムサ。
店にはお客さんが来ており店主が相手をしているので、しばらくの間ムサとチャイを飲みながら会話をしていた。

今日でこの人達の目的がわかる。本当にトルコ人のホスピタリティーなのか商売なのか・・・

僕は身構え少し緊張していたが、ムサもなんだか昨日とは違う雰囲気のような気がした。
そして、会話の流れではなかったと思う。いきなりムサが僕に言ってきた。

「今日あなたに絨毯を買ってもらいます。」

Sdsc_0229

彼の言い分はこうだ。

「みんなあなたによくしました。店主は本当にあなたのことが好きです。だからこんなにあなたによくしたのです。あなたは店主のことが好きですか?トルコのことが好きですか?トルコの文化をリスペクトしていますか?もしそうであるならば思い出としてこの店で絨毯を買って帰るべきです。絨毯をみればいつでもこの店のことを思い出せます。あなたは大人でしょ。わかっているはずです。店主はあなたに絨毯を売りつけたりしません。でも私は買って帰るべきだと思います。」

彼の言い分を真っ向から否定することはできなかった・・・

「確かによくはしてもらったので、彼らに何かしようとは思っていた。それに別に絨毯でなくても思い出として残るものは他にもある。例えば写真とか。」

「絨毯はトルコの文化です。それに絨毯を買うことが一番彼らにとってうれしいことです。私はそれがベストだと思います。」

少しお互いヒートアップしてきて口論していると、それに気づいた店主がやってきてムサをなだめた。
「お互いつたない英語と日本語の会話なので勘違いしている」と店主。
そして
「私は商売のことなど何も思っていない。一時の商売、永遠の友情。そうだろ!?」
と僕を店の地下に案内した。


Sdsc_1483


店の地下には多くの絨毯がある。
その場所に僕と店主とムサ。イスに座るなりラクとフルーツの盛り合わせがでてきた。
店主はいたってにこやかな顔だが、ムサの目つきは少し怖かった。形上の仲直りの乾杯をムサとし、たわいもない店主の話しを聞いていた。
しかし話しが絨毯のことへとなるまでに時間はかからなかった・・・
やっぱりかの展開・・・わかっていましたよ・・・
店主が英語とトルコ語で話し、トルコ語の部分はムサが日本語に翻訳。完璧な連係プレー。
絨毯の柄の意味から、絨毯ができるまでにかかる日にちと絨毯を織る娘に渡す手間賃。絨毯とキルムという物の違い。正直絨毯にまったく興味はなく買う気もまったくなかった。
ふん、ふん、と相槌だけついていると質問をしてきた。

「絨毯とキルム、どっちが好きか?」

「家に置くならどの大きさの物がいいか?」

「シルクと綿、どっちが好きか?」

「こっちとあっち、どっちの柄が好きか?」

・・・・

そのような質問をされ続け、気づけば目の前に僕のための絨毯が一枚あった・・・
気づけば向こうのペース。いらないと言っているにもかかわらず、なぜだか金額交渉まできていた。やはり相手は商売のプロだった・・・
ああ言えばこう言われ、こう言えばああ言われ・・・しかも僕を怒らせるような強制的な部分はないので、怒って帰ることもなかなかできず・・・突破口見出せず。
ラクのアルコールも回ってきたのか、少しぐらいの金額なら買って帰ろうか、それに少し欲しいかもとも思い出してきた。

まさに相手の思うツボ。


Sdsc_1652

しかし金額を聞いて目が覚めた。1200ユーロ。12万円以上。買えるわけがない。
本当に買えないと何回も言った。理由も言った。
すると相手は「旅行から帰ってお金ができた時にカードから引き落とすようにできる」と。だからカードをと・・・
その後の僕の一言で決着がついた。

「あなたを信用していません。」

信じられない、お前は何を言うのかというような事を散々言われ、とてもとても気まずい雰囲気になって、店主は怒って上に上がり、地下には僕とムサだけになった。しばらくの沈黙・・・
ムサがボソッと僕に向かって言った。

「友達をつくるのは難しい」

悲しさと安堵感ともっともらしさがミックスされ、笑ってしまった。
ラクのアルコールがもう少し回っていたら、空飛ぶ絨毯にのってイスタンブールの夜空を飛んでいたかもな。


Sdsc_1720

おわり


|

« 空飛ぶ絨毯 episode3 | トップページ | Kapadokya(カッパドキア) in Turkey »

コメント

まんま、シナリオ通り!!期待していました!!ww

カッパドキアのその丘、私の大好きな場所です!
ギョレメは堪能できましたか~~??

投稿: kayobe | 2011年7月24日 (日) 11時35分

無事生還出来て良かったわcoldsweats02

投稿: じんべい | 2011年7月24日 (日) 19時45分

あかん。
逆のシナリオ期待してた。。

そんなオレは、確実に買わされる気がするわ。笑

投稿: KEITA | 2011年7月25日 (月) 02時15分

今までその手口でいろんな人が絨毯買ったんやろなぁ。

人を信用するのはむずかしいね。
常に警戒心は緩めてしまったらあかんなぁ。
勉強になります。

投稿: ホピョン | 2011年7月26日 (火) 06時17分

利害関係ありきでほんまの友達なんかなれるわけない。

ムサもほんとは知ってるよ。

投稿: きょんおん | 2011年7月28日 (木) 22時47分

ムサというのはたぶん偽名ですね。
175㎝ぐらいのイケメンでした?
何事もなくてよかったです。

投稿: アイシャ | 2011年7月30日 (土) 20時48分

http://blacklist.webdeki-bbs.com/

その絨毯屋の顔画像が
このリストに中にありませんか?

投稿: 通りすがり | 2011年7月31日 (日) 23時06分

>アイシャさん
身長はそれぐらいでした。イケメンかどうかはわかりませんが、僕個人としてはイケメンではなかったと思います。

>通りすがりさん
いました。バッチリいました。こんなサイトがあったなんて、驚いています。

投稿: Ryusuke | 2011年8月 1日 (月) 05時42分

何事もなくて良かったなあ
視点が違うけど、読んでいくうちに、次どうなるん?ってストーリーに引き込まれました

投稿: 半ズボンズ | 2011年8月19日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487953/40929712

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ絨毯 episode4:

« 空飛ぶ絨毯 episode3 | トップページ | Kapadokya(カッパドキア) in Turkey »