« リトルアンダマン | トップページ | TSUNAMI »

2011年5月30日 (月)

リトルアンダマンの人々

南国独特の陽気さがここにもあった。昼間は暑くて外にはほぼ人がいない。寝てるか、おしゃべりしてるか、テレビのあるところに集まってるか、ボーっとしてるか・・・なかには働いている人も少しはいるが。
夕方になると村にある集会場に人々が集まってきて野菜などを買ったり、トランプゲームをしたり、チャイを飲んだり、なんともいえないマッタリとした時間が流れる。
そして日が落ちてくると、椰子の木々の間にポツポツとある家からはなんともいえないあたたかい光と安らぐ雰囲気を感じることができる。そして僕はホームシックになる・・・
この島の人達は僕よりお金や物を持っていないけど、間違いなく、今この島にいる僕より幸せなモノを持っていると思った。毎日夕暮れになると胸がキューンとなる日々だった。
India015_convert_20110530205737


India017_convert_20110530191736


India025_convert_20110530192615


India036_convert_20110530193756

こんなにのどかな島だが、知り合ったある地元の男性の奥さんが自殺で亡くなったと聞かされたときは耳を疑った。
まだ幼い子供もいるのに・・・なにがあったのか、詳しくは聞けなかった。

|

« リトルアンダマン | トップページ | TSUNAMI »

コメント

凄いな♩
日本人もこれくらい心に余裕持って欲しいもんやな…

俺もバリバリの日本海やけど釣りしてると、心がリセットされて日々が楽しく出来るわ♩
でもそういうのが無いと楽しくないのは辛いね…

投稿: キリ | 2011年5月31日 (火) 07時10分

どんなに時間がゆっくりながれていても、歪みってあるものなんやね。

今日の東京は激寒です。

投稿: ホピョン | 2011年5月31日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487953/40199047

この記事へのトラックバック一覧です: リトルアンダマンの人々:

« リトルアンダマン | トップページ | TSUNAMI »